WEBサイト中のキーワードの出現頻度調整ならファンキーレイティングがオススメ。


現在のSEO対策においてとても重要な役割になってきているコンテンツ制作。

ただコンテンツ制作と言ってもダラダラと無意味に文字を羅列しても良いコンテンツと
思われません。そして、文章中の特定キーワードの出現率を人力で計測するのは、
大変困難な為、今回は、無料ツールの「ファンキーレイティング」を活用して
サイト中のキーワードの出現頻度調整の方法をお伝えします。

ファンキーレイティングとは?

ファンキーレイティングとは、現在公開しているWEBページは勿論、
公開前のテキストデータのキーワードの出現頻度が確認でき、
専門知識のない初心者の方でも利用しやすい無料ツールです。

ページ内のキーワードの出現頻度を正確に把握することで、
ペナルティを防ぐだけでなく、SEO対策の効果を高くする事が出来ますので、
しっかりと確認しながらサイト運営をしましょう。

ファンキーレイティングの2つの活用方法

・WEBページの情報をチェックする活用法

すまいるネットの公式サイトを活用してご紹介いたします。

①「URLを入力」の後、調査したいサイトのURLを入力し、
②「チェック」のボタンをクリック。

指定したページの基本データとして、
「title」、「description」、「keywords」、「h1」、「総単語数」が
表示されます。

基本データの「title」、「description」、「h1」については、
 SEO対策において影響を与える重要な要素ですので、自身のサイトを
 チェックする際は、それぞれしっかりと反映されているか確認しておきましょう。

指定したキーワードとその出現数、出現率、相対値の棒グラフが
表示されます。

キーワードの出現率を調整しよう!

出現率をチェックした後に、対策しようとしているキーワードの出現率が
過剰に反映されていればキーワードを減らす必要もありますし、
少ない場合は、追加しなければなりません。

次に、ファンキーレイティングを活用してキーワードの
調節の目安を確認しましょう。

(ターゲットのキーワード)と表示されたテキストボックスに
調節したいキーワードを入力し、プルダウンメニューから目標の出現率を
クリックし「チェック」を押す。


出現率表に対象のキーワードの背景が表示され
「調整数」の列に必要なキーワードの増減数が表示されます。

キーワードの出現率の値は、検索エンジンの評価によって
その時のトレンドやライバルサイトの状況などで変化する場合もありますが、
一般的に以下のように調節しておくと良いです。

1番目に強調したい対策キーワード・・・ 4~6%(平均5%)

2番目に強調したい対策キーワード・・・ 2~3%(平均2.5%)

・テキストデータをチェックする

ファンキーレイティングでは、テキストデータの
キーワード出現率もチェックするする事が出来ます。

ファンキーレイティングでは、HTMLのソースコードがなくても
通常のテキストデータの状態でも出現率がチェックできますので、
HTMLを利用できない方でもWEBページの公開前からキーワードの出現率を
チェックする事が出来ますので、非常に便利です。


(テキストを入力)をクリックすると、テキストデータを入力できる
エリアが表示されますので、調査したいテキストと強調したいキーワードも入力し、
「チェック」ボタンをクリック。

すると、先程のWEBページと同様のキーワードの出現数や出現率のデータが
表示されます。

それぞれのWEBページに合わせたキーワードの出現率を調節し、
色々なキーワードで上位表示を目指していきましょう。


The following two tabs change content below.
坂本
すまいるネット管理部の坂本です。 インターネットにまつわる情報収集が好きなので、 便利なツール紹介などコラムを通じて発信していきます。

フォローする